well-markhttp://well-mark.appspot.com/ブックマーク武藤嘉紀のドリブルはなぜ通用した?4日間で修正した「パワーとスピード」。(1/5) [サッカー日本代表特報] - Number Web - ナンバーhttp://number.bunshun.jp/articles/-/821900倒されても、倒されても、また起き上がる。それでも武藤嘉紀がボールを持つ度に、相手DFは体のあらゆる場所を使い、強引にでも止めに来た。「試合の途中で、相手選手同士の会話が聞こえてきたんです。『ファウルでもいいから』と」中田、小野、本田が通った道を!U-20W杯出場は南野拓実に託された。(2/3) [サッカー日本代表特報] - Number Web - ナンバーhttp://number.bunshun.jp/articles/-/821807?page=210月9日、ミャンマーでAFCU-19アジア選手権大会がスタートする。アジア16カ国が参加し、ベスト4以上で2015年ニュージーランドで開催されるU-20W杯選手権への出場権を獲得することができる。アジアのレベルアップに貢献する日本|コラム|サッカー|スポーツナビhttp://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/japan/2014/columndtl/201409300004-spnaviアジアのレベルアップに貢献する日本 -  海の向こうから見るなでしこジャパンは、強くまぶしい存在だ。現在、韓国・仁川で開催中の第17回アジア...トゥエンテ宮市亮が陥っているジレンマ|コラム|サッカー|スポーツナビhttp://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/eusoccer/1415/columndtl/201409290003-spnaviトゥエンテ宮市亮が陥っているジレンマ -  トゥエンテの宮市亮は28日のユトレヒト戦に出場したが、スタミナ切れと膝の負傷が重なり53分でベンチ...高校時代のトレーナーが語る U-21日本代表を決勝トーナメントに導いたミラン本田ばりのMF野津田の一撃の秘密 | SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブhttp://www.soccermagazine-zone.com/archives/3236サッカー総合情報誌、サッカーマガジン ゾーン ウェブ[Soccer Magazine ZONE WEB]サッカーマガジンゾーンは毎月24日発売です。<世界バレーへ、独占インタビュー> 木村沙織 「世界一になれる戦術はこれしかない」(1/2) [Sports Graphic Number] - Number Web - ナンバーhttp://number.bunshun.jp/articles/-/821725世界選手権に向けた直前合宿。練習を終えた体育館に、ユニフォーム姿で木村沙織が現れた。にこやかな表情で、右脛を指差す。見れば、大きなアザができていた。直前に行われていたワールドグランプリで、誰かと交錯した時か。大学、鳥栖、代表と幸運を手にして。坂井達弥は「運を実力に変える」。(1/3) [サムライブルーの原材料] - Number Web - ナンバーhttp://number.bunshun.jp/articles/-/821705世の中には「強運の持ち主」がいる。一般的ではなく極めて稀だから、そんな存在がいれば自然と目を引いてしまう。日本サッカー界にも該当者がいる。U-21代表のシャイな主将、大島僚太。アジア大会で巻く腕章が変えるもの。(1/4) [Jをめぐる冒険] - Number Web - ナンバーhttp://number.bunshun.jp/articles/-/8217188月半ばに行なわれたU-21日本代表候補の福岡キャンプ。最終日に組まれたアビスパ福岡との練習試合のキックオフ直前、手倉森誠監督はちょっとした異変に気がついた。知られざる欧州組・瀬戸貴幸がELへ。2億円を蹴った男のルーマニアでの夢。(1/3) [欧州サッカー特報] - Number Web - ナンバーhttp://number.bunshun.jp/articles/-/821688ルーマニアのアストラ・ジュルジュがクラブ史上初となるヨーロッパリーグ(EL)出場を決めたピッチに、瀬戸貴幸は立っていた。プレーオフでフランスの強豪リヨンを下しての本戦出場は番狂わせとも言える。戦前の不安を一掃する快勝。クウェートに大島、鈴木、岩波が計4発を決めたU-21代表 : コラム | J SPORTShttp://www.jsports.co.jp/press/article/N2014091514591202.htmlスポーツ専門放送局J SPORTSがお送りする記事のページ。コラム、ブログ、レポート、ニュース、ブログなどを毎日更新しています。